祐太郎飯店の円卓

アクセスカウンタ

zoom RSS 私の好きなバンドの話。

<<   作成日時 : 2017/04/08 21:50  

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

オハヨウございます。

さて、普段は愚にもつかない作曲活動を続ける私ですが、
そんな私が長年愛して止まないバンドがあります。
それはチープトリックであります。


画像



彼らの活動は長く、結成は1974年、レコードデヴューは1977年なので今年はレコードデビューからなんと40周年になる長寿バンドになりました。
昨年はディープ・パープルやシカゴなどと共にめでたくロックの殿堂入りを果たしました。
メンバーもデビューからドラムス以外は変わっておらず、その為メンバーは皆初老とも言える年齢にもかかわらずいまだに精力的に活動を続けています。
音楽性としてはストレートなアメリカンロックであり馴染みの良いメロディの曲が多く、一般的にはパワーポップなどと呼ばれたりしますね。
ギタリストのリック・ニールセンが奏でるハードなギターサウンドが大きな特徴と言えるでしょう。

彼らの最盛期といえばアルバム『at武道館』『ドリームポリス』がリリースされた1978〜1979の頃で、長寿バンドとしてはその最盛期はかなり短い。悪く言えば一発屋とも言えるほどあっと言う間にブームが去ってしまった。
その要因としてはアルバム『ドリームポリス』の次に出たアルバム『オール・シュック・アップ』の音楽性変質と更にその次にリリースされる『ワン・オン・ワン』までの沈黙期間及び更なる音楽性変質によって折角ついたファンをみすみす手放す事になってしまったためである。

私が初めて彼らのアルバムを買ったのは1982年の『ワン・オン・ワン』であるが、このアルバムは彼らの一連のアルバムの中でも最もハードで荒々しい音質が特徴だ。
その『ワン・オン・ワン』の前作である『オール・シュック・アップ』更にその前の『ドリームポリス』を聞き比べると、同じバンドが同じ様なロックを奏でているのに音はこうも違うものか、と思うほどスピーカーから出てくる音の印象は違う。
最盛期に発売された『ドリームポリス』を聴いてファンになった人はその音の違いに恐らくかなりガッカリしたのではないかと思われる。

『ドリームポリス』の音は一聴して洗練されたパワーポップといった印象で、ハードロックの荒々しいギター音よりも美しいメロディ、美しいコーラスやストリングスが強調されており、それでいてズン!と胸に来るロックの迫力をも兼ね備えたドラマティックなものとなっている。
そういった『彼ららしい音』でファンになった方々の殆んどは、次に出るアルバムはその『彼ららしい音』の更なる発展改良を望んだ事でしょう。

ところが前途の通り『ドリームポリス』の次作『オール・シュック・アップ』の音は一応彼ららしいポップセンスは継承しているものの、荒々しいギター音が耳に付く重いハードロックのそれとなっており、美しいハーモニーや軽いポップセンスを期待したファンは「コレじゃないよ〜!」と思ってしまったのではないか。

そしてその次作『ワン・オン・ワン』は更に荒々しいギター音が強調され、その音質はもはや暴力的荒々しさと言っていい。興味のある方はそれぞれ聴き比べてみるのも面白いと思う。
当然、アルバムセールスは急激にしぼんでいき、商業的に言えばあっと言う間に『忘れられたバンド』になっていってしまう。一時はビートルズの再来か!?とまで言われたのにね。
もっとも、セールスダウンしたと言っても、アルバム『ワン・オン・ワン』の曲が悪いという事は決してない。
私個人的には彼らの作品の中では一番好きである。


画像


上の写真は家にある私のコレクションです。レコード盤とCDで同じタイトルをダブって購入した作品もあります。
直近のアルバム五作は現在出張中ですので写真には納まってないけどちゃんと手に入れてます。




さて、そんな彼らを敬愛する私が彼らのMVを作りました。
曲は2006年発表のアルバム『ロックフォード』のファーストシングル、『パーフェクト・ストレンジャー』であります。
実はこの曲、シングルカットされたのにMVが作られていないんですよ。
現在の彼らは独自のプロモーションでインディーズレーベルからアルバムを発表していますから予算とかいろいろあるのかな〜?そのヘンの事情はよくわからんけど無いものは仕方がないので私が自分で作りました。




さて、彼らは昨年4月にアルバム『バン・ズーム・クレイジー・ハロー』を7年振り(!)に発表、相変わらず元気な所を見せてくれましたが・・・次のアルバムは果たしていつ出るんだろうか?



ちなみに私は最近人気のコンビニ100円コーヒーよりも缶コーヒー派であります。
え?んな事はどうでもいいって?
はい、ソウデスネ。ではまた次回にお会いしましょう。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
私の好きなバンドの話。 祐太郎飯店の円卓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる