祐太郎飯店の円卓

アクセスカウンタ

zoom RSS 失敗の原因(その2)

<<   作成日時 : 2015/08/23 04:16   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

残暑お見舞い申し上げます。


さて、前々回の記事におきまして失敗の原因うんたらかんたら述べました。
内容は主に音圧の不足と作業環境の改善等々についてでしたけど、
今回は・・・


企画(作品コンセプト)のマズさであります。

「ローラーズ」というオリジナル曲が大ゴケした、という事を述べましたが、
あれはねえ・・・・
ロールプレイングゲームのタイトルソング・・・みたいなイメージで作ったんですよ。
何?ロールプレイングゲームを知らない?
そういう人は少ないとは思いますが簡単にウンチクをタレると・・・

ロールプレイングゲーム(以下RPG)の語源は元々はアメリカで考案されたミニチュアゲームを指すが、現在においてはドラゴンクエストシリーズやファイナルファンタジーシリーズに代表されるようにファンタジー色の強い謎解き冒険をメインとするコンピューターゲームのことを言う。
基本的にはプレイヤーが物語の主人公を操作し、時には敵(魔物・怪物・怪人等)と戦い、時には物語の謎を解き明かし、時には物語中の他人物と交流するなど、そういったドラマや活躍して成長していく主人公の過程を楽しむゲームである


そういう次第で、そういったRPGのタイトルソングのつもりで「ローラーズ」という作品を作ったんです。
何故そういう企画にしたか?と問われれば・・・
元々のとっかかりは友人がRPGのようなシナリオを書いており、私がそれを見てボヤ〜と曲を発想したのが始まりです。
その時はサビのメロディーをちょっとだけ鼻歌ふんふんする程度だったんですけどね。
私としては作曲屋を目指す以上、自分の今後を考えるといかなるお題を前にしても曲が作れることが望ましいと考えています。
実際、巷で活躍する作曲屋さん達だって、ただ単純に自分の思うとおりに曲を作ってるワケじゃない、
いろんな条件の元に曲を作っています。
提供された詩に合わせたり、これこれこういう雰囲気でこんな調子の曲を作れ、曲の長さは三分以内、etc・・・以上のような条件があるのです。
ですから、動画サイトのオリジナル曲とはいえ、何の条件や課題もなしにただ好きな曲を作るだけでは成長出来ない、そう考えてあえて自分に課題を設けて作品を作ったんです。

そういう条件で言えば、「ひめゆりの願い」もそういった条件の下に曲作りをしたワケです。
そういう意味では成功したと言えるのは唯一あれだけなんですけどね。

ただ、企画を前面に出すのは良いけど、私の場合はそのまとめ方といい、企画自体の目の付け所の悪さといい、褒められる所が少ないんですよね・・・!
曲自体も音圧が低いとかアレンジがダメだとかツッコミ所も多かったわけで。
そりゃ成功するハズもねえか。
次の作品もそう。この作品を作るまでに同じ曲で二度も失敗してこの形に落ち着いた・・・そんな作品です。






そして過去最悪の大失敗作「ローラーズ」も作り直しました。
曲自体は大きくいじってはいませんが、詩は以前よりも普通っぽくなるように友人に依頼し、
新たにイラスト提供者を探し、作品に見合った絵を描いてもらい、動画として再アップいたしました。
それがコレ。
「セパレイト・ラバーズ」




画像

作画提供:Lyiet(USA)





それで、再アップしての評価はどうよ?と問われれば・・・・どうなんでしょうね?
あまり変わり映えは・・・しないかな。多少反応があった程度です。
でも自分としては今後の為にも必要なことであったと思います。
多分、次の作品には効果が出てくるものと思います。
ご期待下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
失敗の原因(その2) 祐太郎飯店の円卓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる