祐太郎飯店の円卓

アクセスカウンタ

zoom RSS 柔道・プロ野球などに見る日本スポーツ界のドタバタ。

<<   作成日時 : 2013/06/13 22:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 10

ここ最近ニュースや新聞紙面を賑わす柔道やプロ野球統一球についてのゴタゴタは
ファンや関係者を始め頑張っている現場の選手にも大きなショックだったに違いない。

それにしても昨日(H25.6.12)の日本プロ野球機構(NPB)の加藤良三コミッショナーの会見には
驚くよりも呆れた雰囲気が漂ってましたね。
世間や選手を惑わせたことについては一応「お詫び申し上げます」と謝罪のセリフも口にしたが、
聞いてる外野のこちら側からすればあれほど開き直ったような誠意も反省も感じ取れない謝罪言葉は初めて聞いた、そんな気がしてます。
大体、そもそも統一球導入の理念ってなんだったっけ?
WBCなどにおける野球の国際化に対応するために国際基準に統一したいからでしょ?
国や地域、団体ごとに異なるルールや規格を用いていてはフェアじゃないからでしょ?

従来の日本のボールはかねてより「飛びすぎる」という指適があり、さらにいえばその昔は「圧縮バット」などという反発力の強いバットが使われていた。
飛ぶボールに飛ぶバットを使えば技術やパワーがなくてもホームランが打ちやすくなる、
そんな甘ちゃんな環境でタイトル取ったり世界記録打ち立てても世界に堂々とした顔を向けられますかね?
そんなこと言うと王選手など過去の選手にケチをつけているように思われるかも知れませんがそれは話が別、
王選手をはじめ選手達はその時のルールに則ってその時を全力でプレーしていたワケですからそれにケチをつける気は毛頭ございません。
問題なのはそのルールや規格を管理する団体にあるわけです。
プロ野球においてのそれはNPBなわけですが、
昨年はホームランがめっきり減った、で今年はまた以前のようにホームランが増加した、
その理由は使っていたボールが違っていたから・・・だそうだ。
そのNPBでは下田邦夫事務局長と他の2人だけが変更に関わり、公式戦開幕前のオープン戦から、完全に微調整を加えた新しいボールへの移行を済ませたとしている・・・ということだがこれは一体どういう理由でそうしようと思ったんでしょうね?
つまりは、ホームランが減って派手な・・・エキサイティングなゲームが少なくなればプロ野球のファンや観客が減ってしまう・・・そういう事を危惧したからではないですかね?
これは現場の選手達はどう思うでしょうね?
これは選手全員、この問題が収拾つくまでストライキしてもいいレベルじゃない?
一球に生活をかけて頑張ってんだもん、そこでホームランを打つ・打てない、この一球で抑える・抑えないで人生が変わるかも知れないんですよ?

野球の発展や人気獲得などを長期的視野及び国際的に考えればもっと謙虚に地道にやっていくべきと思います。
そして打てないのは技術やパワーが不足している事を選手もファンも認識すべきなんですよ。
私は野球は昔から好きで王選手にはじまりタツノリ、松井など大好きで憧れたもんですが、作られたスターなんかいらない、才能と努力によって本当の意味で世界に通用する選手の出現を心待ちにしているのです。



さて、ここでもうひとつ、柔道・野球以外でもう一つ憂慮する事態となっているスポーツがあります。
それはバスケットボールです。
バスケットボールは現在、プロリーグ「bjリーグ」とセミプロの「JBL」があります。
実力的には・・・どうだろうね、本来ならプロのbjリーグが上のはずがそうでもないようで、
実現はしないだろうけど対戦すればJBLチームの方が現時点では強いでしょうね。
選手の質を見ると実力者は割とJBLに多く、bjリーグはJBLで試合に出られなかった、もしくは選考されなかった選手が多いところから始まっています。
近年はプロ化に伴い選手のスカウティングや環境の整備など実力は向上しつつあり、bjリーグ草創期ほどの実力差はなくなりつつあると思われますが。

簡単に言えばJBLは元々日本にあった日本バスケットボールリーグでプロのなかった日本国内では最高の組織であったわけです。
それがサッカーのJリーグ発足当時、バスケットも国際化及び実力向上を考えプロ化が検討されました。
ところが一部チームが運営面などの金銭的不安によりプロチーム化に反対、プロ組織作りは遅々として進まず、
プロ化を望む新潟アルビレックスとさいたまブロンコスが反逆の脱退、新プロリーグ「bjリーグ」を立ち上げました。
並び立った二つのリーグ、「bjリーグ」と「JBL」、その理念の違いを簡単に述べますと・・・
bjリーグはサッカーJリーグと同様に地域密着し支持基盤の安定と拡大を図り、スポーツを通じた社会貢献とグローバルに活躍出来る選手を輩出する・・・が主な理念です。
そしてJBLは
日本バスケットボールの普及・育成・強化
豊かなアリーナスポーツ文化の振興
日本国民の心身における健康への寄与
スポーツを通した国際交流と親善
主に上四項目を柱としています。

比べますと言葉は違うけどなんだか似たような理念ですね?
なんだかプロレス団体が乱立してどれもが最強を名乗ってるような、馬場と猪木のケンカというか、財政や運営に各チームが好き勝手を言ってるだけのような子供っぽさも見て取れます。
結局のところチーム運営はカネ次第、カネが無ければ運営は厳しいワケで、現にプロ化したbjリーグのどのチームも集客力などの売り上げでまだまだ運営面はおぼつかないクラブが多く先行きは厳しいようです。
そこはプロ化せずに企業イメージを前面に出して企業のお抱えチームとしておくことが妥当、というJBL側チームの言い分も的外れではないでしょう。現にバスケットは野球やサッカーに比べると日本においてはまだまだマイナーであるため、プロ化に積極的になれないのも分かりますし。



困るのはファンであったりこれからプロを目指す将来有望な選手達だと思いますね。
バスケットファンからすれば誰もが現状に不満であり、一日も早い団体統一を待っているのです。
しかしながらJBLとbjリーグは時々歩みよりを見せたかと思えばまた離れ・・・を繰り返し、組織の一本化の道筋はまだ遠いと言わざるを得ません。
どっちの言い分もわかるし、そのスポーツを極め、良い物を見せたい、というのはどちらにも共通するところではありますが、結局は経営、運営ですからね。ボランティアじゃないんだから綺麗事を言っても先立つものがないとどうしようもないしなあ。


プロ野球をはじめJリーグ、Vリーグ、bjリーグ等球技、そして柔道や相撲の伝統ある闘技、体操や陸上競技、モータースポーツからプロレスに至るまですべてのスポーツが好きな私としてはその競技において個人的にもチーム的にもレベルアップして国際的に活躍出来ることを願うばかりであります。
ですから、野球や柔道だけでなく各競技団体の協会及び運営中枢を担う方々は常に健全でありその競技の発展を第一に考えて運営・行動することを切に願う次第であります。




っていうかさ、カネや権力にまみれててっぺんでふんぞりかえって部下の統制も出来ず責任も取れねえような奴・・・今回のNPBコミッショナーみたいなのはとっとと辞めるべきだね。
だってそうでしょう?知らなかった・・・ってのがどこまで本当かは知らんけど事実そうなら部下が勝手にやった事になり、部下の統制が取れてねえってことじゃないですか。目先の集客などにこだわって発展と向上を長期的視野で考えられないような、そしてそれを野放しにして知らん顔してる奴がトップにいる、そんな腐った組織は潰しちまった方がいいですよ。
甘っちょろい環境でも応援するチームが勝って好きな選手が活躍すればそれでいいんですかね皆さん。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
本来、スポーツは美しく奇麗な世界のはずです。が、それに
利益が出るとそれに群がる連中達がその世界を汚します。
一番に美しくて汚いのが甲子園の高校野球だと思っています。
あの世界には甘い蜜に群がっている連中が多いと思いますよ。
はぎさん
2013/06/14 07:44
はぎさん様。

どうもコメントありがとうございます。
とは言っても綺麗事だけでは立ち行かない事も理解はしております。
聖人君子でいろとも言いませんし利益を追うなとも言えませんね。
何か事を催すともなれば実際カネがかかるんですし。
私が言いたいのは人々が楽しんでるのに上層部の都合やエゴで
勝手なことをして水を差すなってことです。
祐太郎
2013/06/15 05:15
プロスポーツは美しく綺麗な世界じゃないでよ。
極端に言えば、何をしても(まぁ、だからどんなスポーツもルールが多い)勝たなければ行けない世界。
そもそも、スポーツ競技の起源は戦争の訓練から派生し、現代でも国によってはオリンピックで結果出せないと・・・なんてこともありますしね。
ここはね、グレーゾーンな話だと思うんですよ。

むしろネットが普及しすぎて、見たくない部分が見えすぎですね。
全ての真実を知ること(それは薄々気づいていたとしても)は、まぁあまり精神衛生上よくない気がしてきましたw

相撲であったやらせのように、プロの世界はある程度予定調和はあるのは想像できます。
まぁ、相撲は騒ぎすぎだと思いましたが。
はじめからプロレスみたいに、結果はある程度決まってますよと暗黙の了解が世間で知れ渡っていればよかったのですが(元も元江戸時代の相撲はまさにそう)
でも、結果は決まっていても、過程は本気ですよ。そこは、プロだから当たり前なので。

だからスポーツ観戦は、ちょっと一歩引いてみたほうが楽しいですよ。
エンターテイメントとして。
アマスポーツでも、高校野球はプロのへの登竜門。
悲しいかな、いや当然お金が絡んできますね。

純粋に楽しむなら、草の根チーム素人の試合の応援が以外と面白い。
だって、それこそ金銭絡んでないから、みんなしがらみのない勝負は、勝ちたい負けたいの一身しかないから、案外面白いものですよ。
TK
2013/06/16 09:50
TKどの。

美しく綺麗じゃない、そりゃそうでしょう。
ただ街のケンカじゃないんだからちゃんとルールがあるわけで、
そのルールや規格が場所や都合によって変わってたんじゃフェアじゃないと言いたいワケですよ。今回のNPBのやりようはまさにそういったエゴでしょ?
「日本にだけは死んでも勝て!」みたいな国もあるしゴニョゴニョ・・・
単純に力と技のぶつかり合いをして試合後は綺麗さっぱりってんならいいんだけど、高校野球でさえそう単純じゃないしね。
知り合いの某高校野球監督は一部の親から「なんでウチの子を使わないんだ!?」みたいな恥知らずな電話が実際に少なくないらしく困ってらっしゃる。

まあ相撲でもプロレスでも何かあるのかと疑心暗鬼になってたら楽しめなくなっちゃうし、そういう見方はしたくないので色んな情報はあまり気にしないようにしてます。
おっしゃる通り余計な情報を知りすぎてもいい事ないし、そんな事気にしてたら人生まで詰まらなくなっちまいそうで俺は嫌だな。だから余計今回みたいなNPBの対応には
「ボールが飛ばなくてホームランが減ろうが余計な事すんなすっこんでろ!」
と怒鳴りつけてやりたいですな。
祐太郎
2013/06/17 03:48
あのボールね。
しっかしホームランぽこぽこ打たれたピッチャーは
なんでやねん!?俺の球威落ちたんかなぁ?
なんてきっと激しく落ち込んだと思うデスね。
そりゃね見てる方はガンガン打ち合う打撃戦は
面白いけど、選手たちの承認もなしに勝手な
事をするとは感覚がおかしい!それに支えてくれる
ファンなどの方々も無視した所業は
「あんたみんなをバカにしてんのかぁ!」と
言いたい!きっとみんなもそうだと思うぞ。
金や利権がうんぬんはお子様じゃないので
わかるけど、野球に限らず夢を壊すことは
プロとして絶対するなと言いたいです。
shiori
2013/06/17 23:27
shioriさま。

忙しい中ありがとうございます。
メッセ送ったのはただ心配しただけで
コメ催促した訳じゃないからね〜気にしないでちょうだい。

選手の誰かが言ってたけど、
今年は「ウソォ?アレが入っちゃうのかよ〜?」
みたいな打球が多くて球が違うだろうって事は
わかってたみたいですね。
一部では去年の秋にはもう球が変わってたとか・・・
アナウンサーの誰かは
「今年は選手達が統一球に慣れてきたようですね」
とか言ってた。なんだかなあ・・・
一番嫌なのはおっしゃる通りやっぱりピッチャーですね。
そんなハズはない!と
落ち込んだ選手もいただろうにね。
困ったモンですなあ。
祐太郎
2013/06/18 02:47
いやぁどもども
お気づかいかたじけないです。
今さっきメッセ見たのですよん。アワアワ。
多少遅れてますが今週は様子を見て
その上で週明けに方向性がハッキリします。
本人はあいかわらず順調で夜中の3時に
ラーメン食ってた。
と義理のお母様が言ってました。
今は実家に帰ってますので、まあ安心ですよ。
アタクシもここ数ヶ月は楽しい独身生活
ねえねえ彼女お昼一緒にどう?

アメリカ大リーグじゃ
試合中の事故で下半身不随になって
野球できなくなった優秀な学生選手を
スタッフとしてスカウトしたそうです。
選手としては無理でも
スタッフとして力を貸してくれないか?
やはりアメリカ奥が深い
それを思うと日本はなにやってんだアホ!
ですよ。情けないですね。
shiori
2013/06/18 23:17
shioriさま。

あ、そうなんですか!
それは失礼をいたしました。
ようつべやpixivなど、どのサイトでメッセを贈るか
迷ってしまいましたが。

夜中にラーメン?
いくら食った方がいいと言っても・・・
夜中にラーメンは感心しないなあ(笑)
どっかの漫画であったけど、奥さん子供が出来てお腹大きくなって
「頑張って食べたら赤ちゃんの分だけ体重が増えちゃったわ〜」
それを聞いた旦那は
「ならお腹の赤ちゃんが20キロ以上あるって言うのか・・・」
と心の中で思ったそうだ。
・・・みたいな事にならないようご留意くださいませ(笑)

同様に日本では野球に限らずプロ選手の引退後は思うように
いかないようですね。
コーチや監督でやっていければいいけど皆がそうはいかないし。
だからサッカーの奥選手のように苦労してしまうのかなあ。
でも現役のうちは給料高いんだからアブれても大丈夫なよう、
選手一人一人がきちんとした貯金や人生設計をしておくべき
だと思いますね。
祐太郎
2013/06/19 01:51
まあ何だぁ
お腹は大きいけど、そのほかは特に
問題ないですね。「さとし君」曰く
一人生んだほうが良いそうですよ。
色々と・・・・
平忠彦さんは知ってると思うけど
選手引退後、監督や自身のショップで
やってますね。90年代にマルボロカラーや
資生堂テック21のヤマハのTZRで活躍した
平さんは今もレースやカスタムバイクや
旧車レストアなど手がけ株式会社タイラレーシングで
まだまだ御自身の夢を追求されてますね。
そのうちタイラレーシングさんには
仕事をお願いしたいですね。
息子と乗れるサイドカー付きの
1200ccくらいのカスタムバイク
こうみえても大型二輪もってま〜す。
と言いたい・・・
マジェスティの400にサイドカー
もなかなかカッコ良いと思います。
祐太郎さんも四輪なんか売って
CBR2502台買って息子さんと
娘さんに奥さんタンデムなら4人
いけるからタンデムツーリング
厚木のちょっと裏の七沢温泉
磁場ゼロゾーン不思議ツーリング
に行ってらっしゃいましな!
shiori
2013/06/19 22:20
shioriさま。

まいど。
母子共に健康なら言う事ないです。
子供が出来ると私のようなチャランポランでも
それなりに責任感とかいろいろ自覚が出てきますからね。
小学校に行くまでは大変だと思うけど
父ちゃん頑張ってちょうだいね。

平忠彦さん?おお、勿論知ってますし、
ケニーと組んだTech21の八耐は鈴鹿まで見に行きましたからね。
当時の月刊オートバイに私が載ってたり・・・ゴニョゴニョ。
まあなんだ、レース関係で言えば日本では理解が低いけど
海外じゃサッカー選手より知名度があったりするもんね。
有名な話だと、故加藤大治郎選手が帰国した際、日本に来てたサッカーイタリア代表と空港で出会い、デルピエロが加藤選手にサインをねだったというエピソードがあります。日本のサッカー記者は加藤選手を知らないもんだからあの日本人は誰だ?と騒然となったらしい。
残念ながら加藤選手はその後レース中の事故で他界してしまいましたが。

そんなワケで二輪を語らせたらウルサイ私も今じゃ乗ってないからね。
もう少し経済的に余裕が出来れば乗ってもいいけど、
今は家計は火の車、動画製作とかで必要なPCソフトも買えねえ始末だからどうしようもねえなー!
でもプチ旅行くらいは行きたいです。
ちなみに大型二輪は持ってないの。ぐすん。
祐太郎
2013/06/20 03:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
柔道・プロ野球などに見る日本スポーツ界のドタバタ。 祐太郎飯店の円卓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる